若見山へ登ってみたらこんな山!

若見山とは

若見山は那須塩原市の奥塩原にある山で、標高は1,126m、春のこの時期には
イワウチワの群生に可憐な花を見ることができることで、人気の山のようです。

若見山登山口は、国道400号で塩原温泉街を抜け、最後の「そば店滝見亭」を
右に見て凡そ500mほど進んだところにあります。

登山道登り口のちょうど道路反対側(進行方向左側)に約3~4台の駐車可能な
スペースがあり、ここに車を置いて400号を渡って登山開始です。

一般的には登山口~若見山のピストン往復が多いようで、今回の登山もピストン往復と
しました。

 

若見山山行記録

登山口        08:00
若見山山頂  09 : 42 (10 : 23 )
登山口    11 : 49

DSC_0005.JPG

コースは登山口より18号鉄塔を経由し山頂へ、山頂からは17号鉄塔方面に進み、途中
から折れて若見山急坂直下の部分で元の道に合流しました。
途中土砂崩れ跡のような部分のトラバースがあり、ちょっと緊張しましたが、ロープが
張られていて、クリヤーできました。

今回の山行は、しばらく体調を崩していたこともあり、外出自粛のこの時期ではあるが
リハビリの意味合いで、近場の若見山への山行となりました。

もう一つの目的はやはり、時期的にイワウチワの花の群生を見ることでしたが、時期的
に若干早かったのか、花がびっしりという感じではなかったが、結構開いている花を見る
事ができました。

コースタイムは往復4時間弱、イワウチワと山頂近くにあったカタクリを愛でながら楽し
く歩けた一山でした。
午後には天候が荒れる予想もあったため、登山口先の駐車場に移動して昼食を済ませて
塩原温泉街に向かい、温泉入浴をして帰途につく予定であったが、塩原温泉街も新型コロ
ナの影響で温泉/宿泊とも街の要請で休止しているとのことで、数軒あたるも残念ながら
入浴できず、そのまま家路につきました。

あとがき

山行は自然の中での開放的な部分も大いにあり、3密の状態はなりにくいと認識しており
ますが、移動時の車内やその他接触等、やはり新型コロナの影響を無視することはできず、
当面は様子を見ながら判断せざるを得ないということに致しました。

体力低下要注意ですね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。