尻が痛くならないサドル、出会えたサドルに変えてみて分ったこと!

はじめに

ミニベロロードに乗り始めて約2年ですが、暫くさぼっていたりしてなかなか尻の
痛みが解決できないまま、何とかごまかしてました。

そのために20㎞ほども走ると、尻の痛みが出てきて力いっぱいペダルを踏むことも
ままならずといった感じで、もう一つ気分が乗らなかったというのが本音でしょう。

実はD211RS-DR純正のサドルはロード系のバイクでペダリングを重視する薄型固め
のサドルが採用されており、僕のような貧脚でポタリング重視のような乗り手には
合わないようだということを理解し、今回ペダル交換をしてみることにしました。

サドル交換が尻の痛みや、ペダリングにどのような効果を与えてくれたかをここで
書いてみようと思います。

 

サドル交換

ロード系のサドルでは、軽量化も重要な要素のようで、高価なものも存在するよう
ですが、個人的には価格の安いもので、尻の痛みを軽減できそうなサドルを探すこ
とにしました。

Amazonに絞っていろいろ検索していくと、1000円程度からいろいろなモデルが
存在しているようで、幾つかのモデルを比較検討してみました。
ブランドや価格等に特にこだわりもなく、コスパ重視ということで最終的に以下
のモデルを購入して使ってみることにしました。

購入モデル>
ブランド:BIKEIN
特徴:泡ライナーが柔らかな弾力性を持たせ、快適な通気も確保している様子、
穴あき構造で通気と軽量化を図っているという。
重量:275g、   寸法:11in x 5.3inches          素材:PVCレザー
価格:Amazon \1,699

デザイン的にはスタイリッシュな流線型で気に入っています。
カラーリングももともとD211RS-DRが黒に赤を主体としているので、併せて
黒に赤のカラーリングを選びました。

 

使用感

サドル交換後は今までのものと比べ、色彩的に華やかになった感じがしてちょ
っといい気分になってます。

問題は長めのライドをした時の尻の痛みですが、昨日交換後初めてちょっと長
目のライドに挑戦してきました。

走行時間約2時間の40㎞超でしたが、従来のサドルでは前述の如く15~20㎞位
で既に尻の痛みを感じ始めて、漕げばこぐほど痛みが増してくる感じがありま
したが、40㎞超の走行をしても痛みを感じることがありませんでした。

パッド入りのレーパンを履いていても痛みが出てしまった従来でしたが、今回
同じ条件で、40㎞超を走っても痛みを感じなかったということは、このサドル
が、自身に合ったようなのでこれでしばらく様子を見てみることにしました。

サドル合わせはなかなか奥深いと聞いていますが、これで克服できるならハッ
ピーでしょう。

サドル交換後の走行記録

走行距離:44.64㎞    走行時間:2:02:11

スピード:平均21.9km/時     最高:57.2km/時

心拍数:平均 138bpm      最高:167bpm

ケイデンス:平均 56    最高:95

従来のサドルでは痛みもあり、なかなかスピードも上げられなかったが、今回平坦
路での最高40kmをマークできたのは個人的にうれしい記録でした。

今回なぜか地図上のトレースが取れなかったため、地図上でのルートを示すことが
出来ませんが、走行ルートは以下の通りです。

片岡(自宅)国道4号線を北上⇒野崎より大田原街道直進⇒大田原市内王冠ボール
前交差点を右折⇒大田原バイパスを右折しさくら方面に入る⇒佐久山きみの湯前⇒
琵琶池ゴルフ倶楽部前通過し喜連川方面に右折⇒片岡方面に直進⇒片岡(自宅)

 

あとがき

サイクリング、ポタリングは健康維持のためにウォーキングや山行と合わせて
続けていきたいと思っていたが、これまで尻の痛みを言い訳にさぼることが多
かったので、これを機会に無理のないレベルで増えしていけたらと思います。

 

 

最後まで読んでいただきましてありがとうございます。

 

スポンサーリンク