グランドゴルフ大会に参加してみた。

9月6日予てより計画されていた片岡一打会と日新グランドゴルフ友の会との交流グランドゴルフ大会に参加してみた。

グランドゴルフは一般的なゴルフのパットを想定できるようなもので、これが意外とはまってしまう、僕がグランドゴルフを始めたのはかれこれ3年前くらいになるでしょうか・・・

ゴルフ経験はあったのだが、グランドゴルフはシニアの方が多かったこともあり最初は積極的ではなかったが、回数を重ねるごとに、なかなか思うようにスコアーアップができないところがゴルフと重なり、面白みがどんどん膨らんでいった。

そんなわけで我が片岡長生会の練習に入れていただいたのをきっかけに、やがて大会といわれるものにも参加して優勝カップを頂く結果も得た。

ただ不思議なことに、その次から良いスコアーで回れると思っていたら、何のことはない、大会を繰り返してみても優勝スコアーには程遠く、反省するばかりである。

今回の交流大会は片岡地区有志メンバーで構成されている「片岡一打会」と矢板市内日新地区で構成されている「日新G.G友の会」が定期的に交流大会を行っているもので、その規模は毎回100人前後の参加者を有している。

グランドゴルフもゴルフのように一打でホールインする「ホールインワン」があるが、今回の優勝者は大会32ホール中、4回のホールインワンを決めていた。

個人的な経験則から言えば、やはりグランドゴルフでもなかなか思うようにスコアーアップができないところが長続きする秘訣になっているようだ。

グランドゴルフの歴史はまま古いようで、全国的には公益社団法人グランドゴルフ協会という上部組織があり、その下部組織として各地方、地域に展開されているようで、様々な地域で活性化を見せているようです、まだまだ勉強不足の僕なので、練習や大会に参加しながら勉強させてもらっています。

近々にも別の大会が計画されており、参加予定となっているので今度こそは上位を狙いたいものだが、思いとは裏腹に結果が付いてこないのが常のようだ。

片岡一打会―日新友の会交流G.G大会