応急手当の講習受けてきた・・・②

前回応急手当の心肺蘇生法およびAEDの概要を書いた。

今回は心肺蘇生法のポイントを整理してみた。

心肺蘇生法実施にあたってのポイント
①まず大事なのは、周囲の安全を確認し、自身の安全を確保
②傷病者の肩などを軽くたたき、耳元で「大丈夫ですか?」「もしもし」などと声をかけ反応を見る
目を開ける、何らかの返答などがなければ「反応なし」と判断、けいれんを起こしている場合も
「反応なし」と判断
119番への通報と協力者への依頼
大声で周囲に応援を依頼、集まってくれた協力者それぞれに「あなたは119番に通報してください」
「あなたはAEDを持ってきてください」などと具体的に依頼
誰も協力者が近くにいない場合は、自らまず119番に通報、近くにAEDあれば取りに行く
④呼吸の確認
「普段通りの呼吸」かどうかを調べる、傷病者の胸と腹の動きで呼吸が止まっているかどうかを判断する
⑤胸骨圧迫の実施
胸の中央部に片方の掌の付け根部分を置き、他方の手を重ねる形で、真上から垂直に胸を押し込む
約5cm程度沈むくらいの力で押し込み、しっかり圧迫
1分間に100~120回程度の速さで連続して、絶え間なく続けることが必要
※押し込むときは必ず真上から押し込み、斜めに押し込まない
※戻すときは充分力を抜き元の高さまで戻す。
⑥人工呼吸(口から口へ)
胸骨圧迫を30回連続したら、気道を確保し人工呼吸を2回
気道の確保は片手を軽く傷病者の顎の先端にあてて持ち上げると気道が確保できる。
人工呼吸の際には傷病者の鼻をつまみ、口から息を吹き込む(吹込みは2回まで)
すぐに胸骨圧迫に戻り継続する。
※人工呼吸には感染防護具を使う必要あり、無い場合など感染のリスクがある場合、躊躇する場合などは人工呼吸を行わずに胸骨圧迫を継続する。

万が一、このような状況に遭遇してしまったら、思うように動けないかもしれませんんが、知識を持つことで少しでも貢献できる糧にしていきたいものです。

 

スポンサーリンク