チョイ忘れ・・・改善できるの?

テレビを見ていて、慣れ親しんでいたはずの有名女優さんの名前が出てこない、

買い物途上で知り合いからあいさつされたけど、名前が出てこない等、最近こんな経験が数多くある。

 

一体僕の記憶はどうなってしまったのだろうかとちょっと心配し始めているこの頃だが、年のせいだと諦めるにはちょっと早いようだ。

 

新聞記事にこんな内容の記事を見つけた。

「人間の脳細胞は成長期を過ぎると年とともに減少し、再生しない」と長い間信じられてきたが、脳科学の研究の成果としてこの定説が崩されてきているとのこと。

 

国内外の研究チームによって、成人の脳の中に脳細胞の幹細胞があり、必要な栄養を与えることで脳細胞の増殖・分裂に成功したという結果が記事になっていた。 これは老化で衰えてしまった記憶力も若返る可能性が高いことが証明されたというものである。

 

この細胞の増殖・分裂に大きくかかわっているのが核酸という栄養素らしい、核酸は脳細胞のみならず細胞が生まれ変わるときに必要な成分で、もともとは人間の体内(肝臓)で生成されているが、年齢とともに生成能力が低下していくようだ。従って体内での生成能力の衰えを補うために食べ物から供給してあげる必要があるのだという。

その核酸を多く含んでいるといわれる食品には以下のようなものがあるといわれている。

白子、煮干しやサケ、タラ、イワシあるいは鳥のレバー、アンチョビなど

これら食品から摂取する量であれば過剰摂取のリスクはほとんど気にする必要はないということですが、サプリメントなどを常用される場合は、分量に注意する必要があるようだ。
尚妊婦が過剰摂取した場合には、胎児への悪影響が懸念されるようで注意したい
核酸の推奨摂取量は1g/日が目安のようだ。

先の研究機関の実験結果では、約8割のモニターに脳年齢の改善が見られたとの結果があるようだ。