栃木いきいきクラブ大学校卒業~!!


本年7月から約4か月、15回の講義を受けてきた栃木いきいきクラブ大学校を12月4日に無事卒業。

当大学校は一般財団法人栃木県老人クラブ連合会が主催で開校しているもので、我々第18期生となる。

 

当大学校の狙いは
[su_note note_color="#d2ed6f"]・老人クラブの活性化と高齢者の健康づくりをはじめとした地域活動の推進      ・体系的な学習プログラムの継続による組織強化及び若手・女性リーダーの養成[/su_note]

 

今回応募のきっかけは他薦によるものであり、自身はあまり熱が入っていなかったが、地域を超え、年代を超え集う仲間との情報交換や、多くの講義内容による知識の高揚などによって回を重ねるごとに面白みを実感し、終わってみれば、これらで得た多くの体験は自身の今後や地域の参加クラブ等での活動に何らかのメリットを生み出すことになると感じた。

 

これまでにも漫然と感じていたことであったが、人は一人ではいられないこと、多くの人と交わりを持つことや、自身が何かの役に立っているという実感がとても大事なことで、それが高齢になればなるほど必要なものであることを感じることができたような気がする。

 

高齢になれば体力的な衰えにも注意を払う必要は当然あるが、やはり気力と体力の源になるのは人と人との交わりから生まれる目に見えないパワーなのだろうと納得した。

 

今回15回の講義に休むことなく出席したおかげで、卒業証書とともに皆勤賞を頂くことができた。ハッピーである。

スポンサーリンク