2020 民謡唄い初め

2020年の民謡練習の初日、本日が唄い初めである。

年末から正月の間の約10日間唄っていなかった訳で
休みすぎていて正直声が出るかどうかが心配であったが
何とか声が出てくれたようだ。

これまでに皆で練習している主な民謡は・・・
・秋田民謡  喜代節
・北海道民謡 道南ナット節
・千葉民謡  木更津甚句
・静岡民謡  ちゃっきり節
・三重民謡  伊勢音頭
・兵庫民謡  灘の酒造り祝い唄
・福岡民謡  黒田節

個人的に唄わせてもらっているのは
・富山民謡  こきりこ節
・兵庫民謡  灘の酒造り祝い唄

まだまだ思うように声が出ない、声は喉で出すのではなく
腹式呼吸で出すのだといわれるが、何となく体現できはじめ
てきかのかな~と感じられる気になってきたが、実際にやると
思うようにいかない。

ただ民謡はきれいに唄えばいいものではない、泥臭く、味を
感じられる唄い方、味の出し方が必要とも言われる。

鼻歌レベルや宴会歌なら民謡曲でも唄えるが、本格的な
民謡となると勝手が違う。

これもやはり繰り返しの唄いこみあるのみなんだろう

 

スポンサーリンク