うまくなるグランドゴルフの技術!まっすぐボールの打ち方を考える③

定例のグランドゴルフ大会

 

毎週火曜日は我ら片岡長生会のグランドゴルフ練習日でもあり、午前中に数人で練習ラウンドを行った。
当然グランドは大会とは別の通常使用している練習グランドで土質も異なっているのだが、毎週のように同じグランドで練習ラウンドを回っていても、ホールインワンはなかなか入らない。

 

ところが昨日の練習ラウンドはちょっと違っていて、8ホールx4ラウンドの32ホール回って、なんとホールインワンが4回も出たのだ。

前回書いたように、左に引っ掛ける癖があったので、コック打とバックスイング、フォロースイングを注意した経緯はあるがそれにしてもでき過ぎである。

 

気をよくして午後の本大会に臨んだが、結果はメロメロ、同じ様にスイングに注意し、打つのだがどうも感覚が合わない。

 

第一打を打ったボールは目標のホールをはるかに超えて、第2打がとんでもないところからとなったり、ホールに入ってもそのままスルーしたりと最初の意気込みは消沈するばかり。

 

確かに練習グランドとの土質の違いは大きく、砂よりも荒い小粒の砂利といったグランドではあるが、やはり練習不足が一番の要因だろうと反省しきり。

 

結果は1R=22,2R=23,3R=22,4R=26と披露できるようなスコアではなく、午前の腕と午後の腕は一体何が違うのかと・・・

 

ゴルフのパットもグリーンそのものやコンデションの違いによって、状況は大きく変わり相当難しいことは理解しているもグランドゴルフは距離を出さなければいけなかったり、グリーンの芝目やアンジェレーション以上のグランドのあれ具合や芝、土、砂利などの違いによるボールの動きを読む力が必要なんだと改めて感じた。

 

あれもこれもは大変なので当面距離をできるだけ合わせられるような練習をしてみよう。

 

 

 

 

スポンサーリンク