Amazon payを騙る架空請求メールがやってきました。

初めて届いた金額入り架空請求メール

特殊詐欺による脅威で、ごく普通の生活が脅かされるといった詐欺問題が
長きに亘り、続いていることは承知していましたが、これまでに届いた
詐欺メールの類は以下のようなものでした。

  • 裁判所を騙り、出頭の必要性や、係る費用を処理するための費用請求
  • 各種カードなどのアカウントロックなどを装い、ID,パスワードを盗む
  • これら内容のはがきや電子メールの着信等

これまではIDやパスワードを盗み取るため、あるいははがきやメールの
着信に反応してコンタクトしてしまうことの危険が発生する詐欺が多く
着信していました。

今回のように実際に買い物がされたかのように装った詐欺メールの着信は
初めての経験だったので、正直焦ってしまいました。

 

本物と勘違いしてしまうほどの購入情報

今回の詐欺メールの内容には、商品を注文した時に必要な類の情報につき
整然と記されておりまして、本物と勘違いしてしまうようでした。

  • 冒頭にAmazon payからのメッセージとしてアカウントで不審な支払いが
    検出されたため、アカウントが強制停止になっており、24時間以内に、
    手続きをするよう促しています。・・Amazonログインのリンクあり
  • 文頭には「Amazonお客様」とあり、冷静に見ればこの部分で、個人宛でない
    事が判別できるのですが、その時には見逃していました。
  • 商品購入の情報欄には次のような内容が記されておりました。
  • クレジットカードでのご入金頂き、誠にありがとうございます。
  • 処理日 2020年3月13日 7:53:29  JST
  • 購入額 262,622円(税別)
  • お支払い方法 クレジットカード
  • Amazon pay注文番号 P64-2946902-9758310
  • 販売事業者問い合わせ先 Apple store  info@apple.com
  • 販売事業者ご注文番号 1-19468871

 

Amazonに確認していただきました

Amazonには、メールに応答するのではなく、正規のアマゾンサポートを
ネットで調べて、カスタマーセンターに問い合わせ、Amazon pay注文
番号などの信ぴょう性を確認していただきました。

その結果、注文番号を照合するも全く検出されず、又購入金額についても
全くそのような事実は発生していないことを検証していただきました。

Amazonの担当者様の情報では、最近同様の問い合わせが実際に多いとの
事でした。

やはり詐欺であろうことはわかりながらも、実際にクレジットカードから
支払いが完了しているかのような文言には、不安がいっぱいになり、確認
して頂いたことで、安心することができました。

 

まとめ

今回も数多い詐欺メールの一つであって、実害がなかったことで一安心
することができましたが、多くの詐欺メール等の中で相当量の金銭的な
実害が出ているのも事実であり、これからも気を抜かず不審なメールや
はがきなどに対して対応しなければならないことに気づかされました。

皆様もアンテナ感度を高め、自分自身はもちろんのこと、周囲の人達に
対しても詐欺に引っかからない為の取り組みを継続して頂きたいです。

 

スポンサーリンク