詐欺メール(Apple,Amazon)着信 !

新たな詐欺メール着信

我が家にAppleを騙る詐欺メールが届いたのは初めてのことでした。
今回着信したApple及びAmazonを騙る詐欺メールの詳細をアップしておきたいと
思います。
僅かでも詐欺メール被害の抑止に貢献出来たらと思いながら・・・

 

詐欺メールの詳細

Apple IDアカウントロックの警告メール

App storeの支払いの同期に失敗していること判明、保護の観点からアカウントを
一時的にロックしている旨表記されている。
従いAppleサポートにアクセスのため、支払い同期ボタンのクリックへと誘導して
いる。

メール送信元アドレス:Apple Payment (noreply@youtube.com)

【特徴】
送信元メールアドレスは全くAppleに関連性がありません。
他国語を元に作成した文章を自動翻訳させたと思われる文章で、全く日本語として
おかしな表現になっています。

 

Amazonを騙る詐欺メール

今回のAmazonを騙る詐欺メールは、本文に日本語の文章がなく、一般的なホーム
ページなどを作成するための、HTML形式の言語のような文字列が並べられていて
全く文章の内容は理解できないものです。

メール送信元アドレス:hh2ddedd@bounces.n.co.jp

【特徴】

日本語文章が全く確認できません。
送信元アドレスの最後がco.jpになっていることを見ると、日本国内からの発信かも
しれませんが、Amazonとの関連性は全く見えません。

 

あとがき

詐欺メールの内容は、本物企業などからのメールやホームページと比べても、全く
見分けがつかないほど精巧に作られてるものから、今回の物のようにどこを見ても
おかしいと思うようなものまで様々ですが、見分け方は送信元のアドレスを確認し
正しく判断することが重要でしょう。

確認方法:
一般的にはメールの差出人のところに送信元のメールアドレスが表示されています。
名前などの表示だけの場合でも、名前の表示部の上にマウスのポインタを重ねると
送信元のアドレスが表示されるので、確認することができます。

一般的なメールアドレスにはsupport@amazon.co.jpや****@apple.com等のよう
に、@マークの後ろには企業名などがついて、関連性が分かるようになっています。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

スポンサーリンク