「新生銀行カード利用確認」迷惑メール!出来栄えに驚愕。

特殊詐欺関連情報

新生銀行カード利用確認の迷惑メールの出来栄えに驚き

特殊詐欺に絡むような迷惑メールは、相変わらずフィルターをすり抜けてきたと思われるメールが毎日10件近くも着信していて、削除する労力も半端ない。

そんな中で最近着信した「新生銀行カード利用確認」というタイトルの迷惑メールに驚かされた。

新生銀行とは個人的にカード等持ち合わせていないので、他に着信してくる迷惑メール同様さほど驚くことではないのだが、当迷惑メールの出来栄えに驚いたのである。

あまりにも本物らしく作成されているその内容は思わず本物と思ってしまうほどの出来栄えと個人的には感心してしまった次第である。

この様に精巧に作成された迷惑メールでは、確実に送信者のドメインを確認しておかないと騙されてしまう確率が極めて高いと判断し、被害に遭う人が出ないようにとの思いから詳細を紹介しておこう。

 

「新生銀行カード利用確認」と騙った迷惑メールの実態

実際に送られてきた「新生銀行カード利用確認」と謳った迷惑メール。

新生銀行カード利用確認迷惑メール注意すべき点

・新生銀行アプラスを騙っており、メールやホームページのドメインもaplus.co.jpを使用しているため非常に精巧

・担当部署名も「株式会社アプラス お客様相談室」を騙り、不審に思われにくい。

・担当部署がお客様相談室となっており、この部署名は現存するようですが、調べる限り大阪ではなく東京のようです。

・メールアドレスはドメインが@aplus.co.jpとなっていますが、@マーク前の文字列が銀行のお客様相談室にはそぐわない内容になっています。

・確認用として提示されているホームページ用のURLもドメインにaplus.co.jpが使われていますが、secux.topが意味しているものが不明で疑わしいです。(危ないのでクリックして確認はできておりません)

いずれにしてもメールの内容は極めて本物志向に作成されているようで、本文中にURLへのアクセスを誘導しており、誤ってクリックすることの無いよう注意したい。

 

あとがき

新生銀行Aplusのカード利用確認と謳って、不安を掻き立て、本文中に提示している確認用ホームページと称するURLにアクセスするように誘導している特殊詐欺系の迷惑メールと判断しておりますが、このようにいかにも本物のようなメール本文を受けると、誤った判断をしかねないところがミソです。

例え正しいメールであったとしても、メールの差出人の名前のところにマウスのポインターを当てると差出人の正確なメールアドレス(含むドメイン)が表示されるので、必ず確認する習慣をつけることが望ましい。

差出人の名称は幾らでも作成することができますが、メールアドレス(含むドメイン)は正規のものと全く同じにすることは出来ないのです。

日頃から目を光らせ、詐欺被害の芽を摘む、決して間違えてURLやメールをクリックする事無いようにしたいものです。

 

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

スポンサーリンク

広告