新型ワクチン接種は無料ですか? タダなので騙されて払わないで!

特殊詐欺関連情報

はじめに

新型コロナウィルスは世界的に見ても、収束するどころか益々猛威を振るって連日のように最多感染者の更新を続けている状況です。

日本も例外ではなく寒さが厳しくなってきた今、全国的に感染者拡大に歯止めがかからず、地域限定的なものではあるものの2度目の緊急事態宣言が発出されている状況で、多くの国民が悲鳴を上げているのが実態です。

この様な社会情勢の中にあっても、詐欺犯たちはあの手この手と新型コロナウィルスの感染拡大という不安情報を逆手にとって、人々の不安に付け込んで現金やカード等を搾取することに専念しているのです。

最新の事例では東京都において、新型コロナウィルスに対応したワクチンの接種の予約受付を騙り、高齢者宅に電話をしてきているという事例が発生しているとの情報が警視庁より発信されています。

又愛知県、兵庫県、福井県などでも類似の手口でワクチン接種の予約と騙り、金銭を要求する新手の詐欺の兆候が出始めているとの情報あり、全国的に拡大していく懸念もありますので、より一層注意が必要です。

 

 

新型コロナウィルスに対応したワクチン接種受付を騙る手口

都内の高齢女性宅に東京都の「福祉保健局」、「感染症対策係」を騙り、ワクチン接種の予約ができる等と現金の振り込みを要求する電話が相次いで発生しているとの警視庁情報があります。

詐欺犯が掛けてきた電話の内容は以下のようです。

・高齢者を対象に新型コロナウィルス対応ワクチンの接種とPCR検査を受けることができます。

・接種をした後には一泊していただく必要があります。

・ワクチン接種とPCR検査の予約を行うために事前に10万円が必要になりますので、指定口座に振り込み願います。

警視庁の発表では極最近になって、相次いでいるということですが、東京都で発生したものは地方にも広がっていく懸念はありますので、このような趣旨の電話があったら、まず詐欺であると認識し、最寄りの警察に相談しましょう。

 

現実には日本における新型コロナウィルスの対応ワクチン接種は、現時点の政府発表で2月下旬を目処に接種を開始するという事で発表されていますが、現実的にはその通りになるかどうかは不透明な部分もあり、今後の動向に注視が必要です。

又福祉保健局等から直接ワクチン接種の予約等に関する電話連絡等をすることはないということなので、この点についても注意が必要です。

出典:独立行政法人国民生活センター(URL:新型コロナウイルス感染症関連(テーマ別特集)_国民生活センター (kokusen.go.jp))2021/02/05閲覧

 

あとがき

新型ワクチン接種やPCR検査以外にも、特別定額給付金の給付を騙る詐欺など新型コロナウィルス感染症にまつわる詐欺事件は相変わらず多くの地域で発生しており、残念ながら収束の目処が見えません。

いずれの詐欺も、詐欺犯人側はあの手この手を尽くして、被害が表に出るとその上の手口を新たに仕掛けてくるといったイタチごっこが続いている状況です。

もう一度、お金の話やキャッシュカード、クレジットカード等のカード類の話、ATMやら振り込みなどの話が出るような電話は詐欺という認識をもって、電話をすぐ切る、すぐ警察や相談センターに相談をするということを一人一人が心掛けましょう。

何度も言いますが、新型ワクチンの接種にはお金は必要ありません、騙されてお金を取られないで!

 

ご家族やお仲間の間でも、このような情報を共有して、詐欺の被害に遭わないように努めましょう。

 

 

 

詐欺電話の長電話に付き合うな!詐欺と感じたらすぐに電話を切って

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

スポンサーリンク

広告