グランドゴルフ練習方法!基本に忠実な繰り返しで得点アップに繋げよう。

グランドゴルフ

はじめに

グランドゴルフのスコアーアップに関して、これまでも「まっすぐ打つためのコツ」や「ボールの直進性」等について書かせていただいたが、大きな問題は書いている本人もなかなか思うようにスコアーアップに結び付いていないことだった。

仲間とのゲーム形式での練習や地域団体のグランドゴルフ大会に参加したときだけ実践しているようなものだったので、少々頭でっかちの感がつよかった。

やはりグランドゴルフの特異性があるわけでもなく、どんな球技或いはどんなスポーツ、もっと言えばどんなことでもある程度のレベルを目指すなら繰り返しの練習以外に近道はないものだと改めて感じました。

そんなわけで個人的に始めた意識付けとグランドゴルフの練習方法について紹介します。

 

グランドゴルフの得点アップに重要な3つのこと

グランドゴルフは、あなたもご存じの通り、各ホール毎にボールを打ち、出来るだけ少ない打数で各ホールを終了することを目的とした球技です。

この考え方は一般的なゴルフとも共通するところで、そのほかバードゴルフやパークゴルフ等呼称や形態の違いはあるが、基本的にホールアウトまでの打数を競う競技であることに違いは無いのです。(細かなルール等で違いはありますが)

ボールをホールポストに向けてまっすぐ転がすこと

文字で書くと簡単なことですが、実際には簡単なことではありません。

まっすぐ転がすということは、ただ直線的にまっすぐ転がればいいというものではなく、ホールポストに向かっていく転がし方をしなければならないということになります。

一般的なゴルフのパターでもグリーン上の芝目やアンジェレーションなどを読んで、ボールがホールに向かって転がっていく道筋を考えて打っていますが、グランドゴルフでは、ゴルフのグリーン上よりもさらにグランド環境の違いによる小石や砂地、或いは芝地の芝目、人工芝の芝目の違いや傾き具合などより多くの阻害要因が存在するのが常になります。

ホールポストまでの距離感を磨くこと

一般的なゲームでは8ホールx4ラウンドとして、32ホールで競技が行われます。

可能な限り少ない打数でホールアウトを狙うには、1打目、2打目と打ったボールを如何に、ホールポストに近づけられるかの距離感が非常に大事になります。

俗にホールインワンと言われる1打目がホールポストに入れば、最少打数であり、これが続けば最終ホールアウトでも最少打数でホールアウトとなることは間違いありませんが、ことはなかなかうまくは行きません。

やはり次に打つボールの位置ができるだけホールポストの近くになるように打てる技術、即ち確かな距離感を持った技術ということになります。

グランドゴルフでは15m~50mまでの長さの異なるホールや、芝地、砂地、硬い土等まるで異なるコースコンデションの中でも、如何にホールポストの近くにボールを集めることができるかが少ない打数でホールアウトするためのカギなります。

確実にホールポスト内で止める技術をやしなうこと

グランドゴルフの場合はホールポストの穴は、直径36㎝のスチール製のリングで構成されており、地面の上に置かれたリングに打ったボールを入れることになります。

従って強く打ちすぎるとリング内に入っても、そのまま反対側にするりとすり抜けてしまう事がとても多いです。また地面の上に置かれたリングを乗り越えてボールはリングの中に入っていく事になるので、打ち方が弱すぎると、ベストコースでホールポストに向かっていても、リングを乗り越えられずに戻ってしまうという事象も多く発生します。

この様にホールポスト周辺での2打、3打の微妙な距離でも確実にリング内にボールを止めることができる技術を磨くこと、また微妙な距離であっても確実にホールポストのリング内に入れる打ち方の習得が重要になります。

一つの方法としてはホールポストのリングを構成するために立てられた3本の脚部分にうまくボールを当てることによって、ボールがホールポストのリングを通り抜けてしまうリスクを抑えることができます。

 

 

3つの重要なことにウェイトを置いた練習法

先の3つのポイントのレベルアップにウェイトを置いて、いつでもどこでもできる練習法を個人的に実践し始めてみました。
その方法とは、車の中にいつもクラブとボールを載せておいて、移動先や余暇時間等いつでも、手軽に練習ができるよう心掛けてる。

・場所を選ばず、空き地や芝地や土の土地など、出会った場所で適当な距離の目標物を決めてボールを打ち近づける練習・・距離感のレベルアップ

・目標物に対して、いろいろな方向から打つことで地形の変化があっても、目標物に向かって転がすことを目的とした練習・・まっすぐ転がすレベルアップ

・目標物周辺に円を描き、確実に円の中心に止める練習・・・ホールポストに確実に入れて、すり抜けてしまう確率を減らす為のボールコントロール
但し、この方法ではリングの脚に当てて、ボールをリング内にとどめる方法については無理であり、別途ホールポストを使って練習する。

 

 

ゴルフで100を切るための練習量に関するアンケート(参考)

英語学習ひろば様のサイトの中に「ゴルフで100を切るための運動量に関するアンケート」と題したアンケート結果を公開されていますので参考までにご案内しておきます。

ゴルフに関するアンケートであり、グランドゴルフとは直接的に関係するものではありませんが、一つの目安となる「100キリ」を目指すためにどれくらいの時間を練習しているかや、方法アドバイスの受け方など、考え方や狙いどころなど参考にできるポイントもあります。

出典:英語学習ひろば「ゴルフで100を切るための練習量に関するアンケート」URL:ゴルフで100を切る為の練習量に関するアンケート  | 英語学習ひろば (hitononayami.com) 2021/6/25閲覧

 

 

あとがき

グランドゴルフと言えども、ボールを追いかけて打数の多数で勝敗を決する球技である以上は、やはり繰り返しの練習によって、クラブの正しい振り方やボールの正しい打ち方などを習得する必要があるものであることを改めて整理することができました。

一般のゴルフにおいても、クラブやボールの選び方やスイングの仕方、グリーン上でのパットの仕方などいろいろなシーンに相応する練習方法があり、繰り返し繰り返しの練習が必要になるが、グランドゴルフにおいても全く同様なので、コースコンデションを読む力やクラブの振り方、ボールの打ち方などのクラブコントロール、ボールコントロールはゴルフ同様打数を減らすためにとても大切なことと理解しています。

 

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

グランドゴルフの四方山話!

スポンサーリンク

広告