秋の交通安全運動2021!守ろうルール、子供、高齢者みんなの安全

交通安全関連情報

全国秋の交通安全運動

毎年春と秋の10日間づつ、交通安全運動として高齢者や子供などの歩行者の安全確保や、交通―ルールを順守しなければならないことの注意喚起のために全国規模で「交通安全運動」が展開されていることは周知の事実です。

各県単位や各行政単位でも様々な交通安全に関する周知活動が展開されており、当地栃木県においても「秋の交通安全県民総ぐるみ運動」として、歩行者の安全確保、夕暮れ、夜間の安全意識向上、自転車の安全運転確保、ルールの遵守など、重点的に推進することが決められています。

以下具体的な推進取り組みの主な内容を紹介していきます。

 

運動の期間

令和3年9月21日(火)~ 9月30日(木)  10日間

重点【交通事故死0を目指す日 9月30日】

出典:警察庁 交通安全運動の推進(URL:交通安全運動の推進|警察庁Webサイト (npa.go.jp))2021/09/06閲覧

 

栃木県の取り組み

【秋の交通安全県民総ぐるみ運動】・・・運動の期間は全国に準拠

スローガン>

高めよう!栃木の交通マナー
      マナーアップ!あなたが主役です。

 

運動の重点取り組みポイント

【全国重点】

①子供と高齢者をはじめとする歩行者の安全確保
②夕暮れ時と夜間の事故防止と歩行者等の保護など安全運転意識の向上
③自転車の安全確保と交通ルール順守の徹底
④飲酒運転等の悪質・危険な運転の根絶

【栃木県重点】

①「子供や高齢者にやさしい3S(スリーエス)運動」の推進
②「夜間走行中の原則ハイビーム」の徹底

 

運動期間中の統一行動日

①9月22日(水) 「止まってくれない栃木県からの脱却」強化の日
②9月24日(金) 「飲酒運転根絶」強化の日
③9月30日(木) 交通事故死ゼロを目指す日・・(全国統一)

 

詳細につきましては以下のリンクから栃木県県民総ぐるみ運動の詳細を確認願います。
交通安全県民総ぐるみ運動チラシ

交通安全県民総ぐるみ運動実施要綱

出典:栃木県秋の交通安全県民総ぐるみ運動実施要項(URL:jissiyouou.pdf (tochigi.lg.jp))2021/09/06閲覧

 

過去10年の交通死亡事故発生の変化(概要)

・全死者数は10年前に比べ、ほぼ半減(-44.3%減)、前年比約11.7%減。
・65歳以上の高齢者の死者数は10年前に比べ約34.9%減、前年比約12.1%減。
・全死者数の内の65歳以上の高齢者が占める割合は約57%と過半数を占めている、更に歩行中の高齢者の割合及び自転車での高齢者の割合を見ていくといずれも70%以上と高い確率を示しており、高齢者の危険度が高いことがわかる。
・車両相互での事故や人対車両の事故による死者は事故全体の傾向同様に半減しているが、車両単独の事故は10年前に比べ約20%減程度の小幅の減少となっており、減少の傾向が少ないことがわかる。

詳細情報につきましては以下のリンクを参照願います。

警察庁 令和3年上半期における交通死亡事故の発生状況

 

出典:警察庁 令和3年上半期における交通死亡事故の発生状況(URL:030728R03kamihanki.pdf (npa.go.jp))2021/09/06閲覧

 

あとがき

交通事故による死亡者の発生状況を10年前と比べると、凡そ半減状態と減少傾向にあることは確認できますが、まだまだ多くの命が交通事故により失われているのが実態です。

又死亡には至らない交通事故も、数多く存在しており、車や2輪車を運転する方のみならず、自転車や歩行者に至るまで一人一人が自分の問題として、交通ルールの遵守に努め、日々の行動に常に交通安全確保の意識を持つ事が大切となります。

ひとり一人が社会の一人として、交通事故の無い、安心して暮らせる社会づくりに邁進していきましょう。

 

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

スポンサーリンク

広告