ダイヤモンド賞を目指そう!グランドゴルフのもう一つの楽しみ方

グランドゴルフ

はじめに

グランドゴルフの楽しみ方の一つとして公益社団法人日本グランドゴルフ協会には、1ラウンド中に3回以上のホールインワン達成者の偉業を讃え表彰してくれる「ダイヤモンド賞」があり、このページではダイヤモンド賞についての知識を深められます。

グランドゴルフは老若男女が、いつでもどこでも誰とでも、簡単にゲームや練習ができるほど、簡単なルール、マナー構成で成り立っているスポーツであることは、これまでにも書いてきました。

簡単に取り組めるスポーツでありながら、その楽しみ方には人的な交流によって、新たに良好な人間関係を構築できるメリットもあり、またこれまで以上の人間関係の構築も期待できる素敵なツールでもあると期待されています。

又全く経験のなかった初心者が、誘われてグランドゴルフの練習を始めたとしても、一緒に回るメンバーによって親切、丁寧に教えてもらえるメリットもあり、これも人的交流の一助になっているものです。

またグランドゴルフも容易にスタートできる球技でありながら、繰り返し練習したり、大会のゲームに参加したりして、腕前を挙げていくとその先には更にクリヤーしなければならない壁が見つかり、レベルアップが期待できるスポーツでもあり「ダイヤモンド賞」にチャレンジするというのも一つの楽しみ方ではないでしょうか。

グランドゴルフも他の球技をはじめとした全てのスポーツ同様に奥が深いことを知ることになるでしょう。

 

ダイヤモンド賞とは

グランドゴルフにおけるダイヤモンド賞は、1ラウンド8ホールの中で3回以上のホールインワンを達成したプレーヤーに贈られる賞と理解しています。

詳細につきましては以下の日本グランドゴルフ協会のホームページの中で、ダイヤモンド賞、ダイヤモンド賞Q&A等、ダイヤモンド賞ほかの記事が紹介されていますので、以下のリンクから参照願います。

日本グラウンドゴルフ協会

出典:公益社団法人日本グランドゴルフ協会発行グランドゴルフルールブック2021  2021/10/02閲覧

 

設定した目標に向かって頑張るの楽しいよ

実際のグランドゴルフの練習や、大会等で実践していても、1ラウンド中に3回以上のホールインワンどころか、1ラウンド中に1回のホールインワンもままならないラウンドがほとんどで、個人的にはホールインワンそのものを達成することもなかなか難しいことと実感している所です。

ただ先にも言いましたが、グランドゴルフもやればやるほど奥の深さを感じられるスポーツで、出来るだけ少ない打数でホールアウトする事や、ホールインワンの数を何とか増やしていこうとする日々の努力が、グランドゴルフの楽しさを倍増してくれるものと信じています。

この様な背景から、普段の練習や公認の大会でないにしても、ただ漫然とプレィするにではなく、仮想ダイヤモンド賞であったり、オール2打や1打若しくは2打のみのホールアウト等の1ホールで狙うべき仮想のターゲットを設定してプレィをすることはグランドゴルフの楽しみを倍増させてくれることでしょう。

そしてなかなかクリヤーできない目標への努力がグランドゴルフを長く続ける原動力にもなるし、クリヤーできた時の喜びをも倍増させてくれるでしょう。

 

あとがき

グランドゴルフを続けていくうえで、人と人との交流の幅を広げることや、良好な人間関係の構築、グランドゴルフ技術のレベルアップなどより良い点が多く見受けられ、楽しみながらレベルアップできることは素晴らしいツールと言えるでしょう。

グランドゴルフのダイヤモンド賞を実際に受賞するためには、資格条件や手続き等があり、実際にはそれらをクリヤーしていかなければならないことは多く存在しますが、先々実際にダイヤモンド賞を受賞するという目標を立てるならば、まずは練習において疑似ダイヤモンド賞を設定し、1ラウンド中に複数のホールインワンを成しえるためには、何のレベルを上げていく必要があるかなど、目標を掲げて取り組んでいく事はとても大事なことです。

日々の練習の中で、可能な限り少ない打数でホールアウトする方法や、出来るだけ多くのホールインワンを達成する方法など自分流の楽しみ方を実践することも、長続きさせるベストな方法になるでしょう。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

 

スポンサーリンク

広告