プラチナ賞って何だろう!グランドゴルフの楽しみを広げよう

グランドゴルフ

はじめに

グランドゴルフの大会に参加すると優勝、入賞の中にプラチナ賞やオール2打賞と言った賞を聞いたことはないだろうか

公益社団法人日本グラウンドゴルフ協会のルールの中で「ダイヤモンド賞」については規定されていますが、プラチナ賞やオール2打賞と言った賞は見当たりません。

プラチナ賞やオール2打賞は都道府県レベルのグラウンドゴルフ協会や地域のグラウンドゴルフクラブ等の団体が独自にルール化して実践しているものであることがわかりました。

僕自身もインターネット検索等行ってみましたが、様々なキーワードで記事を見つけられるインターネットにあって、グラウンドゴルフのプラチナ賞について記述されている記事は残念ながら見つけることができませんでした。

詳細を確かめるために栃木県グラウンドゴルフ協会に確認してみた結果、冒頭の説明をされたものです。

 

グランドゴルフ大会の賞

ダイヤモンド賞

ダイヤモンド賞とは1ラウンド中に3回以上のホールインワンを達成したプレーヤーの偉業を讃えるために、公益社団法人日本グラウンドゴルフ協会公式の賞として制定されているもので、達成者は申請によって記念品を受け取ることができることは以前の記事の中でも説明している処です。

公益社団法人日本グランドゴルフ協会(日本協会)ルールに基づく

対象:1ラウンド(8ホール)中に3回以上のホールインワンを達成したプレーヤーで、日本グラウンドゴルフ協会会員
対象大会:日本グラウンドゴルフ協会主催、又は後援の大会、交歓大会、及び都道府県、市区町村の協会が主催、又は主管の大会、交歓大会
申請及び決定方法:当該プレーヤーが大会主催者に申し出て、大会主催者が申請する、提出された申請を日本グラウンド協会にて確認の上決定する。対象者にはダイヤモンド章と記念品が贈呈される。

出典:公益社団法人日本グランドゴルフ協会発行グランドゴルフルールブック2021  2021/12/10閲覧

ダイヤモンド賞を目指そう!グランドゴルフのもう一つの楽しみ方

プラチナ賞

プラチナ賞については冒頭でも説明しているように、日本グラウンドゴルフ協会のルールとして制定されているものではなく、各都道府県の協会単位や市区町村の協会、或いは地域のグラウンドゴルフクラブのような団体単位で制定されている賞。

当地周辺のグランドゴルフ大会において、プラチナ賞を設定している大会が多く見受けられるが、栃木県のグラウンドゴルフ協会に確認したところ、栃木県グランドゴルフ協会として設定されている旨の回答を頂きました。

尚実際の大会でプラチナ賞を設定するか否かは、大会主催者にゆだねられている部分もあり、設定がマストではない。

プラチナ賞の概要(一般的なもの)

対象:1ラウンド(8ホール)中に、1打と2打のみで8ホールを終えたプレーヤー、次の項で説明する「オール2打賞」と共にプラチナ賞とする場合もある。

中には高齢者表彰の賞としてプラチナ賞と表現し表彰している団体もあるようです。

オール2打賞

オール2打賞もプラチナ賞同様にローカルルールとして存在しているルールで、一般的にはプラチナ賞と併せ、どちらを達成してもプラチナ賞として表彰しているケースが多いようである。

オール2打賞の概要(一般的なもの)

対象:1ラウンド(8ホール)中、すべてのホールで2打のトマリを達成し、ホールアウトしたプレーヤーに与えられる。

 

あとがき

グランドゴルフ人口が拡大するにつれ、日本グラウンドゴルフ協会主催や主管及び交歓大会、或いは地方のグランドゴルフクラブ、シニアクラブ等の団体等、各地で多くのグランドゴルフ大会が開催されているようで、当地のローカル新聞にも「スポーツ広場」と冠した地域スポーツ結果の紹介コーナーがあり、毎週一番のスペースを確保してグランドゴルフの結果が紹介されています。

各大会の主催者は、グランドゴルフをより多くのプレーヤーに感じてほしいと、賞品に思考を凝らしていることと思いますが、優勝や入賞、飛び賞と言った一般的な賞と同じように、プラチナ賞も用意されている大会が多く見受けられ、参加するプレーヤーは狙える賞の幅が広がることに力も入ることでしょう。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

スポンサーリンク

広告