サポカー限定免許に期待しよう!高齢ドライバー事故抑制の救世主となるか

交通安全関連情報

はじめに

警察庁では「安全運転サポート車(サポカー)」限定の運転免許を道路交通法施行規則を改正し2022年5月から開始することが発表され、併せて一定の違反歴のある75歳以上の高齢ドライバーの免許更新時に義務付けられる運転技能検査(実車試験)を減点方式で行うとの方針を固めたと報道されています。

交通事故は毎日どこかで発生している状況で、年々その発生状況は統計的に見れば減少しているものの、近年目立つのは高齢ドライバーによるアクセルとブレーキの踏み間違いと考えられる飛び出し事故が急増していることではないでしょうか。

全てが高齢ドライバーとは言い難いですが、その比率は高く、注意力散漫な状態での運転によって引き起こされる、或いはとっさの誤操作や操作ミスなどで飛び出した車に対し、パニック状態になりそのままアクセルを踏み込んだままになってしまう等の状況が推測される。

この様な事態を極力回避するために、ドライバー自らが自覚をすることが最も重要なことではあるが、健康上の問題や高齢による運動機能、判断機能の低下などによる操作ミスなど、ドライバーの自覚だけの対応では限界があることが容易に想像つくことでしょう。

 

安全運転サポート車(サポカー)限定免許の概要

取得可能なドライバーと条件

2022年5月の道交法改正の主旨は、高齢ドライバーによる事故の削減及び免許返納に踏み切れない高齢ドライバーの選択肢の一つとして創設する旨発表されています。

基本的にはすべての年齢において限定無しの免許からサポカー限定免許に切り替えることは可能、但しサポカー限定免許に切り替えた後にはサポカーのみの運転しか認められない模様。
限定無しの免許でサポカーを運転することはこれまで通り可能とのことです。

尚切り替えの申請は本人が免許センターなどで行うことになるようです。

又サポカー限定免許は上位の運転免許も返納することになるため、サポカー限定免許に切り替えた場合普通自動車の免許のみならず、上位の大型、中型、準中型免許など複数持っていた場合も失効となるとのこと。

サポカー限定免許に切り替えてから、限定無しに戻す場合には審査があり、認められないケースもあり得るとの説明がなされています。

 

サポカー限定免許の対象車両

現時点では対象とされているのは>

  • 衝突被害軽減ブレーキ(自動ブレーキ)を搭載した2020年以降に製造され、国土交通省の性能認定を受けた車両、もしくは2021年11月に義務付けらえた保安基準を満たした車両。
  • ペダル踏み間違い時等の加速抑制装置を搭載した2020年以降に製造され、国土交通省の性能認定を受けた車両。
    後付けされた加速抑制装置、自動ブレーキ等については、認定が難しいことから今回の対象とはなっていない。

自動ブレーキなど搭載している車両は多いが、国土交通省の新たな保安基準をクリヤーする必要があり、現状の対象車両は国内8メーカーの約300型式と言われており、新たな保安基準は2021年11月以降に販売されている国内新型車に義務付けられており、2024年7月からは輸入新型車にも義務付けされる見通し。

従来のサポカー補助金対象車両は新型車、中古車併せて約1,760型式あるが、そのうちの約300型式が、今回のサポカー限定対象車両という事なので、かなり限定的となる。
警察庁ではサポカー限定免許対象車両をホームページ等に公表する方針であることが公表されています。

 

罰則規定

サポカー限定免許取得後はサポカー限定免許の対象車両の運転に限定され、これに違反した場合道路交通法の免許条件違反となり、違反点数2点、懲役3か月以下の罰則が規定される模様。

 

運転技能検査(実車試験)の概要

サポカー限定免許と時を同じくして実施されることが決定された運転技能検査は、75歳以上の普通運転免許保有者の内一定の違反歴がある人に義務化される検査で、定められた11種の基準違反行為を対象に検査され、100点からの減点方式で70点以下の場合には免許更新ができなくなるとのこと、例えば信号無視などはマイナス40点で一発不合格となるようです。

違反歴(運転技能検査を受ける対象)の基準は免許更新年の誕生日160日前からさかのぼること3年間の間に、定められている「基準違反行為」で検挙されている場合に対象となる模様。

基準違反行為とは>

信号無視/通行区分違反/通行帯違反等/速度超過/横断等禁止違反/遮断踏切立ち入り、踏切不停止等/交差点右左折方法違反等/交差点安全進行義務違反等/横断歩行者等妨害等/安全運転義務違反/携帯電話使用等

出典:日本経済新聞(URL:サポカー免許、自動ブレーキ車に限定 高齢者の選択肢: 日本経済新聞 (nikkei.com))2021/12/18閲覧
Yahoo japan news (URL:「サポカー限定免許」来春施行で動き出す 「私も77歳」国家公安委員長が説くその内容(乗りものニュース) – Yahoo!ニュース)  2021/12/18閲覧

 

あとがき

高齢者ドライバーによるアクセルの踏み間違い等の重大事故を抑制しようと、国土交通省は2022年5月から道路交通法を改正し、「衝突被害軽減ブレーキ(自動ブレーキ)と、アクセルの踏み間違い等の加速抑制装置を搭載した「安全運転サポート車(サポカー)」の限定免許を創設し、高齢ドライバーによる事故を抑制するための一つの手段として実施する旨公表されています。

高齢ドライバーには運動機能や判断機能の衰えや健康上の問題等により、免許の返納を促されていたりもしますが、地域環境やその他思いもあり、なかなか免許返納に踏み切ることができない高齢ドライバーの選択肢の一つとしてサポカー限定免許を創設することも公表されており、高齢ドライバーによる事故の抑制に効果が期待されます。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

軽自動車を含めたサポカー比較を見てみよう!先進機能で事故回避

スポンサーリンク

広告