大企業を騙る迷惑メール!アマゾンカスタマーセンターの不審メール

特殊詐欺関連情報

はじめに

近年アマゾンや楽天等と言った大企業のアドレスやロゴを謳った迷惑メールが後を絶たない。

通信事業者の迷惑メール除去のためのフィルターも、強度を上げており、携帯メールやPCのメールでも、不審な相手からの迷惑メールのほとんどはカットされているのだが、総量が多いことでふるいの目をすり抜けて到達してしまう迷惑メールが多いのです。

スマートフォンやパソコンに到達する迷惑メールの多くは、アカウントが更新できないや、支払いがされていない等と受信者の不安を掻き立て、対応するためにはカスタマーセンターへの手続きが必要などと迫り、リンクのクリックへ誘導していきます。

クリックの接続先は企業のカスタマーセンターとは全く違う、あなたの個人情報を取得するための偽サイトへとつながりますので、いちどでもクリックしてしまうと、相手に個人情報を盗まれてしまう可能性が非常に高くなります。

この様な誘導メールは絶対ボタンをクリックせずに無視しましょう。

アマゾンカスタマーセンターを騙る不審メール

企業を騙る迷惑メール、不審なメール等を受信した場合には、必ず送信元(差出人)のメールアドレスの正当性をチェックしましょう。

多くの迷惑メールでは企業名を直接イメージできないようなメールアドレスの文字列となっていますが、近年ではほとんど正規の企業アドレスと同じものが使われているケースが多くなってきており、見分け方がより難しくなっています。

送信元アドレス:support@amazon.co.jp

このケースでは送信元(差出人)アドレスがSupport@amazon.co.jpとなっており、ふつうにみてもアマゾンのサポート担当が送ってきていると勘違いしてしまいそうです。

この様に正規アドレスに非常によく似せていたり、或いは一文字程度異なっているなど、受信した読者が勘違いしてしまいそうなメールアドレスがとても多くなっていることに改めて注意が必要です。

迷惑メール・不審メールで送られてくるメールアドレスはとても多く、正規のものか不審なものかを確実に見極められない場合は無視しましょう。

どうしても不安になる場合には、送られてきたメールのクリックボタンをクリックするのではなく、企業のホームページに行き問い合わせ先に電話やメールで確認をすることがとても大切です。

今回のケースではメールアドレスがアマゾンの正規のものと見分けがつかなかったため、アマゾンのホームページから直接アマゾンのカスタマーセンターに問い合わせをして、真偽の程を確認しました。

 

カスタマーセンターの確認結果

アマゾンのカスタマーセンターに電話で確認したところ、アマゾンから当方へのメール発信履歴を確認していただき、現時点までの最終発信履歴は2019年11月、以降のメール配信はされていないことが確認できました。

結果今回のアマゾンメールも迷惑メールであることが確認できました。

これまでは送信元アドレスをチェックすることで、不審メールか本物かを判断してきたが、今回の事例を見るとそれだけでは判断ができないメールアドレスがあることが判明しました。

 

今後どうしたらよいか

アマゾンの場合、ホームページのヘルプ&カスタマーサービスに「Amazon.co.jpからの連絡とフィッシングの見分け方について」という説明がされており、このページの下にはアマゾンから送信する場合のアドレスの一覧が公表されています。

この一覧に受信したメールの送信元アドレスを照合してみることで、正規のアドレスか不審なアドレスかを確認することができます。

但し今回の事例では、公表されているアドレスと同じものが、差出人のアドレスとして使用されており、このようなケースではリストとの照合でも判断ができないと言えます。

公表されたアマゾンの配信用メールアドレス一覧の説明中の補足欄にメッセージセンターへのリンクがあり、クリックすることで、アマゾンから過去送信されたメール等の一覧を確認できる対応がなされています。
従いまして、アマゾンメッセージセンターで、過去に自分宛てに送信されたメールの履歴を調べることで、今回電話で確認したことと同じように、メール配信の履歴を確認して、正規或いは不審の判断をすることが可能になります。

アマゾンの場合には、自分宛てのメール配信履歴が調べられますが、このような機能が無い場合には、先に書いたように企業の問い合わせ先に直接問い合わせて確認することをお勧めします。

 

【届いた不審メールがこちら】

======以下は届いたメールを参考に引用======

amazon語る不審メール

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

======引用終わり======

 

あとがき

迷惑メールや不審メール、大企業を騙るクリック誘導メールなど、毎日のようにスマートフォンやパソコンのメーラーに到達しています。

携帯のキャリアーやインターネットプロバイダーのメールアドレスも関係なしに飛び込んでくる迷惑メールの類は本当に迷惑そのものですね。

迷惑メール対策用のフィルター設定は「強」にして、出来るだけ到達しないように対策することは重要ですが、フィルターを「強」にしていても到達してしまうメールがあることをもう一度認識を新たにして、一部ではあるが到達してしまった迷惑メール・不審メールは見極めができる注意力を身につけましょう。

そして疑問に感じた時には、悩まずに企業ホームページのお問い合わせや迷惑メール相談センターの相談窓口にご相談ください。

又同じ迷惑メール相談センターのホームページに迷惑メールの対策方法が詳しく説明されています。

出典:一般財団法人日本通信協会(URL:ご相談窓口について | ご相談窓口 | 迷惑メール相談センター (dekyo.or.jp))/迷惑メール対策 | 迷惑メール相談センター (dekyo.or.jp)   2021/12/20閲覧

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

特殊詐欺問題に関連する情報一覧はこちらにあります。

スポンサーリンク

広告