男岩女岩の岩峰に魅せられて!二 ツ 箭山登山の不思議な魅力

山行・ハイキング

男岩女岩がそびえ立つ二ッ箭山の男体山女体山の岩峰

福島県いわき市には男体山と女体山と呼ばれる岩峰がそびえ立つ二ッ箭山という低山があります。

futatuyasan

標高は710mと低山ながら、ルート上には男体山、女体山という2つのピークが存在し、この二つの岩峰の基部へのアクセスには約40mのほぼ垂直の岩壁を登る必要がある。

二ッ箭山のほとんどは岩盤質で構成されているようで、登山道のルート上にも一枚岩や大岩と称される岩が現れ、登山者を喜ばせています。

 

多彩な登山ルート

低山ながら岩峰登りやアカヤシオはじめとする多彩な花が楽しめる春や、紅葉が素晴らしい秋など一年を通して楽しませてくれる二ッ箭山は登山ルートも多彩に用意されています。

根本地区に用意された二ッ箭山入り口駐車場を起点に、二ッ箭山登山口から登り始める二ッ箭山登山道(根本登山口コース)が、人気が高く
多く利用されているようです。

このルート上には、数か所の分岐があって、途中沢コースや尾根コース、林間コースなどに分かれており、尾根コースを行くと男体山、女体山の岩峰の基部へアクセスできますが、男体山、女体山基部の手前にも分岐があり、左側を進むと男体山の北側を回り、男体山の鎖場直下に出ます。

一方分岐を右方向に進むとやがて目の前に約40mと言われるほぼ垂直の岩壁が出現し、太いロープと鎖が下がっているのが確認できます。

40mrockcrime

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらのルートはこの垂直の岩壁を登らなければ男体山、女体山の岩峰にアクセスすることができないので、意を決して登るしかありません。

ほぼ垂直ではありますが、岩板はつるつるではなく、岩の突起が多く足を置く場所には困りませんので、ロープ、或いは鎖をしっかり持ち3点支持を守ってゆっくり登れば問題ありません。

当然ながら二つの岩峰を含め、登山ルート上にはいくつかの鎖場が出現し、岩を登って行かなければならない等、滑落の危険が伴う登山ルートになっており、初心者は当然のことながら慣れた人でも細心の注意が必要であることは言うまでもないでしょう。

男体山のピークに登るには鎖場のみで、降りる際もこの鎖を使用する単一ルートしか用意されていない。
男体山のピークまで約20mのほぼ垂直の岩登りである。

 

すぐ隣には女体山の岩峰が同じく約20mの高さにそびえる。
女体山のピークにアクセスするにもおおよそ20mの鎖場を登ることになる。
但し女体山のピークには巻道も用意されている。

その先に二ッ箭山、月山と続く。
我々は二ッ箭山登山口から根本登山口コース、尾根コースと進み、男体山は登らず、女体山にのみ鎖を登り登頂、その先にある二ッ箭山を目指し登頂した後、月山を経由し、林間コースを下山しました。
40mの垂直の岩壁を登るのは初めてのことで恐怖心も沸いたが、登り始めてみると足場に困らないことが良かったようで意外とスムースにクリアーできたことで一安心したものでした。

登山ルートは根本登山口コース以外にも「月山登山口コース」「桐ヶ丘林道峠登山口コース」「猫鳴山登山口コース」「茱萸平登山口(ぐみだいらとざんぐち)コース」の4コースが設定されているようですが、根本登山口コースに比べると利用者は少ないようです。

出典:二ッ箭山(ふたつやさん)709.7m(URL:二ツ箭山 コースガイド (coocan.jp))2022/03/19閲覧

 

二ッ箭山の見どころ

4月~5月にかけてはいろいろな花が咲き始めます。

4月上旬にはイワウチワが咲き始め、多くの場所で群生している様子が確認できます。またヒトリシズカやスミレもたくさん目にするができるでしょう。

またアカヤシオは山表面をピンクに染め上げ、実に見事に咲くようです。
未だ写真でしか拝見していないので、いちど時期を合わせて現物を見に行こうと考えています。

秋10月~11月には素晴らしい紅葉の世界が広がるようです。
真っ赤やオレンジに染まる木々の葉が輝いて、点在する松の緑とのコントラストでより一層輝きを増すようです。

futatoyasan

我々が訪れたのは晩秋の頃だったため、ほとんどの木が落葉してしまっており、わずかに残されていた紅葉の紅葉を鑑賞することができましたが、最盛期にはこの何倍もの輝きを見せていたのだろうと想像させてくれるイメージの紅葉でした。

最盛期の素晴らしい紅葉も一度見に行きたいと考えています。

futatoyasan2

 

あとがき

二ッ箭山は岩山であるが故の、素晴らしい岩峰の魅力と、季節ごとに表情を変えて僕たち山行を楽しむ者たちの目を、感覚を楽しませてくれるとても魅力的な山だということを実感しました。

春のイワウチワの群生や山肌の全面をピンクに染め上げるアカヤシオの群落、又秋には全山がオレンジや朱色に染まり、その中に変わらぬ男体山、女体山の岩峰がそびえている姿はやはり魅力的なものです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

スポンサーリンク

広告