片岡長生会の紹介

クラブの概要
小生の参加しているシニアクラブは栃木県矢板市の南部片岡地内の前岡、後岡,山苗代、コリーナ地区の有志によって構成されており、現在の会員数は30名、
クラブ設立は古く、先輩によって運営されるも衰退し、平成25年に現在の構成にて活動を活性化させるべく、現会長の元運営が図られている。
時を同じくして同クラブ内に慰問活動を中心とした活動グループ「夢」を立ち上げ、芸達者なメンバーによる民謡や、カラオケ披露などをメインにグループホーム等の施設慰問や芸能発表会などへの参加を重ねている。
現会長のオリジナルな脚本により、社会問題となっている振り込み・オレオレ詐欺問題や高齢者の交通事故問題などの防止を啓蒙するための寸劇なども披露し、市内外の施設訪問や芸能発表会など認知度を上げるべく活動を継続している。

クラブ名称
名称:片岡長生会  会長:大類正雄  構成人員:30名(令和2年4月現在)

近年の主な実績
全国老人クラブ表彰を受賞・・月刊誌全国老人クラブの表紙を飾る
栃木県シルバー大学校北校にて「老人クラブ活動」についての講師
令和元年の県主催「生涯現役応援フォーラム」で大類会長がパネラーとして登壇
地域の夏祭りで子供神輿に合わせ、お囃子の演奏を披露
異世代交流事業として地域育成会、行政とタイアップしての七夕祭り
栃木県警察本部長表彰受賞、栃木県防犯協会より感謝状受賞
ニッセイ財団より「生き生きシニア活動顕彰」助成金を受ける。

新型コロナウィルスの拡大に伴う緊急事態宣言が5月連休明けに解除になったのを
契機に、自粛していたグランドゴルフ練習を5月14日より自粛解除した。

但し感染のリスクは続いていることから、マスクの着用、3密の回避を基本として
感染予防に万全の対応で行うこととしている。

民謡練習については、練習場所である片岡公民館の使用制限が未だ解除されては
いない状況であり、推移を注視している。

※定例活動として
毎週火曜日および土曜日 グランドゴルフ練習
毎週木曜日       民謡練習

 

スポンサーリンク

Posted by taka-chan68