グランドゴルフのスコア―カード&成績集計表の使い方

グランドゴルフの成績管理

グランドゴルフも打ち始めを1打目と数え、規定の距離に置かれたホールポストに対して、何打でトマリ(ホールイン)にたどり着けるかを競う競技であり、この考え方は一般的なゴルフと同じものです。

既定のコースは主に4種類(詳しくはグランドゴルフのルールで説明)を合計8ホールとしたものの組み合わせで、32ホールを消化する形で大会等行われるのが一般的ですが、練習等では部分的に4~8ホール等を使用して、合計32ホールを集計するといった変則的なやり方もあるようです。

いずれにしても、各ホールの最終打数はきちんと記録され、32ホール集計後の成績によって順位付けがされることになります。

 

正確に順位付けをするためにも、また正しい知識によってスコア―カード記入の誤りや記入漏れをゼロにすることは、円滑なプレー及び集計作業の効率化にもつながることになります。

先に提示したスコア―カード及び成績集計表の記入峰及び扱い方について紹介しています。

 

スコア―カードの正しい記入方法

GGスコア―カード

各項目の説明をしていきます。(スコアーカードサンプル

スタート前に記入しておくべき項目

・実施期日を記入(サンプルでは右上)

・プレーヤー自身の名前、生年月日、性別を記入する。(自分の記録の右横に記入)
(生年月日は最終打数、3打までの打数共同一の場合、年齢差で順位付けを行うため)

・次打者の記録に次の打順のメンバーの氏名を記入する。
(大会ではそれぞれのメンバーが、次の打者のスコアーを記録する)

・ホールNoの欄にスタートホールから始まる8ホールの番号を記入しておく。
(組み合わせによって、各ホールのメンバーが確定するので、プレーヤー自身のスタートホール番号から始まる8ホールの数字を記入しておく)

例)スタートホールがA-8であれば、最初の欄には8、次の欄に1、2、・・・6、7となり、8~7までの8ホールが1ラウンドとなります。

・コート打順欄には組み合わせで確定したプレーヤー自身のコート打順を記入する。

例)組み合わせの確定がA-8-3であれば、コート打順欄にA-8-3と記入する。
これにより、プレーヤーはAコートの8ホールがスタートホールで打順が3番目ということがわかります。

 

プレー中に記入すべき項目

・スタートホールから順番に、最終打数の数字を記入する。
(トマリの打数をメンバーにわかるよう大きな声で言い、次打者の打数も間違いないように次打者の記録に記入する)

・1ラウンド(1R)~4ラウンド(4R)までの各ホールを同じように、ミスの無いように気を付けて記入していく。

・このサンプルスコア―カードでは各ホール毎に累積打数を書きこめるようにしています。
(各ラウンドの各ホール毎に累計の数字を記入していく事で、足し算のミスも減らすことができ、最終ホールを終えての集計も容易になります)

・プレーヤー自身の記録も次打者の記録も同様に記入してい行く。

・各ラウンド集計後に実打、1打、2打、3打及び差引合計のそれぞれの数字を記入する。

・1打の数に対して-3の補正が掛けられるので、差引合計は1打の補正の数が実打数から差し引かれた数字となる。

例)1打(ホールインワン)が3本の場合には-9となり、実打数から9点が差し引かれた数字が差引合計となる。

 

プレー終了時に記入すべき項目

・4Rのプレー終了後、すべてのホールにおいて自身の記録と次打者の記録を突き合わせ、各ホール共に記入漏れや誤りのないことを確かめる。

・記入漏れや誤りのないことを確認した上で、実打、1打、2打、3打及び差引合計の数字を合計欄、差引合計欄に記入する。

・すべての項目に記入漏れ、誤りがないことを再確認の上、前打者のサイン欄に前打者のサインを頂く。
(フルネームで記入)

これですべての項目に記入できたので、記入済みスコア―カードはリーダーが回収し、再確認の後集計に廻される。

 

成績集計表の取り扱い

GGスコアー計算表

 

エクセルベースで作成したグランドゴルフ成績集計表の取り扱いについて紹介します。
グランドゴルフ成績集計表

事前準備

・大会名、実施日時、場所について事前に入力しておく。

・組み合わせ確定次第、以下の項目はすべて入力しておく
コート、ホール、打順、クラブ名、名前、年齢、生年月日(年齢もしくは生年月日片方でも可能)、性別(M/W)

・ハンディキャップが与えられる場合にはハンディキャップ(H/C)欄に記入する。

 

集計時の操作

・各メンバーの記録カードから、メンバー毎に実打、1打、2打、3打の4種類の数字のみを入力する。

・最終スコアーの数字は1打の-3点の補正やハンディキャップの数をすべて自動計算としているため、合計の数字は必ず実打数を入力する。

・すべてのメンバーに対し、実打数、1打、2打、3打すべての数字が入力された後、データーの並べ替えを行う。

・並べ替えは男女別に集計する場合には、最優先項目を性別として、昇順で並べ替えます。

・並べ替えに当たっては優先順に以下の指定をします。
優先順位
①性別       昇順  (但し男女別に集計する場合のみ)
②最終スコアー   昇順
③1打数       降順
④2打数       降順
⑤3打数       降順
⑥年齢       降順  (生年月日でも可能)

・この指定により、最終スコアーの少ない順に順番に表示されます。

・最終スコアーが同一の場合1打数、2打数、3打数の順で大きい順に並べ替えられており、3打数の数までもが同一の場合に、年齢の高い順に表示されます。

・データーの並べ替えの際には、コート~最終スコアーまでのすべての列と対象メンバーすべての行を対象として、範囲指定を行い、並べ替え優先順位を①~⑥に設定することで順位順に並べ替えが完了します。
(範囲指定の際にはNoの列まで対象にすることが、元の状態に戻す際に簡単に戻せるので、より望ましい)

 

あとがき

グランドゴルフのプレーを楽しくする一つには、やはり正しいスコアーの記録は最低限のこととなります。

メンバー誰もがスコアーに間違いや、申告漏れなどがなく、気持ちの良いプレーを続けられることそのことが、グランドゴルフをいつまでも楽しく、ワイワイガヤガヤと続けていける秘訣と感じています。

グランドゴルフのスコアーカードへの記入の仕方や、間違いやすい項目など改めて整理をしておりますので参考にして頂けたら嬉しいです。

正しく記録されたスコア―カードに基づいて行われる成績の集計作業は、集計の効率アップにもつながり、集計の時間短縮でメンバーを待たせる時間を減らすことに貢献できることになります。

スコアーを正しく認識し、正しくスコア―カードに記録し、効率よく集計することでグランドゴルフをより楽しいものにしていきましょう。

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

スポンサーリンク

広告

Posted by taka-chan68