Go Toトラベルキャンペーンでお得にエンジョイ!!

Go To トラベルキャンペーン第2弾

コロナ禍で冷え込んだ日本経済を復興する目的で政府が進める支援事業Go To トラベル事業

いよいよ2020年10月1日より第2弾がスタート。

日本国内の旅行に限定しているが、宿泊旅行、日帰り旅行共に一人一泊旅行代金の50%相当額を国が支援する。
限度額は日帰り旅行では一人1万円、宿泊旅行では一人2万円

利用回数や連泊など制限事項は特にない
従って5連泊の場合には最大一人10万円相との支援を受けられることになる。

詳しくは次の章で整理してみたい

 

Go To トラベルキャンペーンの詳細

詳細

日本国内旅行に限定

宿泊、日帰り旅行旅行代金の半分相当額を国が支援する。

具体的には支払うべき旅行代金の35%が割り引きされる。

併せて旅行代金の15%相当が旅先で使える地域共通クーポン券(1枚1000円)として付与される。
(15%で端数が出る場合には四捨五入とし、端数が500円以上の場合には1000円のクーポン券を付与)

 

クーポン券の使用可能条件

旅先の都道府県+隣接の都道府県で旅行期間中に限って使用可能
使用可能な店舗等・・・土産物店、飲食店、観光施設、アクテビティ、交通機関など

旅行業者や宿泊事業者から配布される。

(地域共通クーポン券の課題)

紙クーポンと電子クーポンの2種類が対応可能であるが、現時点クーポンの発行やクーポン券の取り扱い店が予定の1割程度と十分に浸透できていない等のニュースがあり、暫く混乱が続く可能性が高く、使用を検討の際には最新情報を確認する必要がありそうです。

地域共通クーポン券は他のクーポン券同様おつりは不可。

 

上限規定・制限事項

宿泊の場合には一人一泊2万円、日帰り旅行の場合には一人1万円が上限。

連泊や利用回数など特に制限事項は設けられていない。

従って例えば5連泊するような場合には、最大で一人一泊2万円X5泊となり、最大10万円相当の支援を受けることが可能になる。

 

感染拡大防止に基づく参加条件

旅行者が守るべき感染拡大防止のための参加条件が規定されている。
参加前の検温、体調チェック・・・発熱や風邪等の症状ある場合は見合わせ。
接触確認アプリの積極的な活用
新しい旅のエチケットの遵守・・・3密の回避(場所に行かない、利用しない)、大声で話さないなど。
感染拡大予防に関する従業員の指示に協力する事。・・協力不可の場合は利用認めず。
若者、高齢者などの団体旅行など、よりリスクが高くなる可能性が高く、確実な感染防止予防策を講じることを前提に適切な旅行をすること。

 

いずれにしても結果として35%+15%で支払うべき旅行代金の50%相当額が支援されることになり、リッチに旅行を楽しめる可能性が高まります。

GoToトラベルの詳細はこちらの観光庁旅行者向けサイトを参照願います。

出典元:国土交通省観光局旅行者向けサイト(https://goto.jata-net.or.jp/)及びGo Toトラベル事業(https://www.mlit.go.jp/kankocho/content/001358665.pdf)(2020,10,01)

 

 

あとがき

Go Toトラベルキャンペーン第2弾が10月1日から始まりました。

実は今年の7月22日から既にGo Toトラベルキャンペーンが始まっていましたが、なかなか使える状況になかったことと内容が充実していなかったことから知名度も上がっていなかったように思えました。

秋の紅葉時期に合わせたかのように始まった第2弾のGo Toトラベルキャンペーンは国内旅行限定ではありますが、旅行代金のほぼ半額が国から支援していただけるということで、この機会にいきたかった観光地や施設などを楽しんでみるのもいいのではないでしょうか。

参加条件の中にも謳われていますが、あくまでも感染拡大防止策を講じての参加が条件であり、その条件をクリヤーした上でリッチな旅行を満喫する旅に出かけましょう。

 

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

スポンサーリンク

Posted by taka-chan68