海外旅行にクレジットカードを持つべき7つの理由!

海外旅行にクレジットカードは必要か

いまやクレジットカードは多種多様なサービスを持った多くのカードがありますが、一方で
身近な周辺での使われ方を見てみると、未だにクレジットカードを受け付けない店舗があっ
たり、小物買いの場合は現金支払いが優先したりしています。

このような日本国内の事情を見ていると海外旅行にもっていくべきかどうかと不安、或いは
クレジットカードを持っていないという方もおられるのではないでしょうか?

日本国内とは異なる海外の事情や、持っ方が良い理由を整理してみましょう。

 

海外旅行にクレジットカードを持つべき7つの理由

海外には日本国内とは違った事情がいくつかあります。またクレジットカードは複数枚持つ
事が良いとされています。
クレジットカードを持つ事のメリットも併せて紹介してみましょう。

①極力現金を持たない。

海外の多くの地域では、現金を持ち歩くことは、ひったくり、泥棒、スリ等のリスクが高い
ので、クレジットカードを所持することは当たり前になっています。

海外では少額の買い物であっても、クレジットカードで支払うというのは一般に見かける
光景で、逆に現金を取り出して支払う光景というのあまり見られません。

このように極力現金を持ち歩くリスクを減らすことが、セキュリティ上望ましい事であり
クレジットカードは有効な手段となります。

但し海外にはチップ文化がありますので、チップに対応するための現金は準備しておく必要
がありそうです。
又ブラジル等で路上での窃盗に遭遇した際、手渡すべき現金(日本円1万円程度)や、取ら
れて損のない安物時計、格安携帯などを用意してのが、命を守る手段と言われています。
逆らったりすればすぐ撃たれますから。

②紛失、盗難やスキミング等のカードトラブルに備える。

万が一現金を持っていて盗難に遭ってしまったり、カードを紛失してしまったりした場合
には、途方に暮れてしまいますね。

又クレジットカードを使ってATMや支払いなどの際に、カード情報を盗み取られるスキミン
グ被害や、ATMでカードが返却されないなどのトラブルに巻き込まれた場合でも、カードが
1枚しかなかったらやはり困りますね。

クレジットカードを複数枚持つ事で、このようなトラブルに見舞われたとしても別のカード
で対応できることになります。

海外旅行に手持ちすべきクレジットカードの枚数はズバリ3枚がおすすめです。

この3枚はそれぞれ異なるクレジット会社のものが良く、又それぞれ3枚は別々に持ち歩く、
または保管することが重要です。

リスク分散の考え方です。

③カードによっては使えない店がある。

3枚持つ事の意味は、ここにもあります。
日本国内でも経験されている方もいらっしゃるかもしれませんが、1枚のカードですべての
店に対応しているわけではなく、A店は受け付けるが、B店では受け付けない、あるいは
このカード会社のカードは使えるはずなのに、手持ちのカードを受け付けてくれない・・
といったトラブルにもよく遭遇することです。

このようなケースでも異なるクレジットカード会社のカードがあれば、問題なく支払い等
に対応することができます。

④カードによって支払限度額が異なる。

クレジットカードによって利用限度額が決まっています。
利用限度額はショッピングやキャッシングの利用履歴や返済状況によって審査され決まる
ようですが、最初の設定は低めに設定されているようです。

もし限度額を超過してしまうほどの買い物をしてしまったりといった場合にも、3枚のカー
ドがあれば分散して支払うことが可能になります。

⑤海外旅行傷害保険が付帯されている。

クレジットカードには多くの場合、海外旅行傷害保険が付帯している場合が多く万が一
海外旅行中にケガをしてしまったりといった場合に、クレジットカードに付帯している
旅行者傷害保険で対応してもらうことができます。

又海外の医療費は、日本の健康保険のようなシステムはない国が多く、医療費が高額に
なりやすいため、1枚のカードの補償限度を超えてしまうといったケースも考えられます。

そのような場合でも、3枚のカードがあれば補償額を合算することで乗り切れるでしょう。

但し海外旅行傷害保険はクレジットカードに必ず付帯しているものではなく、又補償額に
ついてもクレジットカード毎に異なりますから、クレジットカードをお持ちであれば、
補償の有無や限度額その他条件などを事前によく確認しておく必要があります。

もしまだお持ちでないなら、クレジットカードを選ぶ際の参考にして頂きましょう

⑥クレジットカードでいろいろなサービスを受けられる。

クレジットカードによりますが、空港までの荷物の搬送サービスが付帯されていたり、お買
い物をしたり、飛行機によるフライトによってマイルやポイントが還元されるサービス等が
あります。

又レンタカー会社との提携によって割引を受けられたり、旅行代金や航空券の割引、宿泊
料金からキャッシュバックサービスが受けられたりと、様々なサービスが展開されている
ようで、これを使わない手はありませんね。

但しクレジットカードによって、その内容は様々ですので、これも事前に細かく確認して
おくことをお勧めします。

⑦クレジットカードは身分証明の一助にもなる。

海外ではクレジットカードを持っていることで、信用されることがおおいです。
現実にホテルのチェックインするときでも、あるいはレンタカーを借りる場合でも必ずと
言っていいほどクレジットカードの提示を求められます。

クレジットカードがないケースではレンタカーを諦めるといったケースもあります。

 

おすすめのクレジットカード

個人的に、気に入っているお勧めのカードを紹介しておきたいと思います。

Booking comカード

Booking.comカードの特徴は・・・

年会費が永年無料なので、持っていても会費の支払いが発生しません。

②このカード1枚で世界中のホテルの優待が得られます。
Booking.comは世界に160万軒、日本国内に1万1千軒のホテル、旅館、民泊等の宿泊施設
を取り揃えていて、最安値保証や2日前まではキャンセル無料などのサービスを展開して
いるようで、旅好きのあなたにとっては大きなメリットになるでしょう。

最大6%のキャッシュバック還元があるようです。

④入会するだけで「Booking.Genius」会員に自動的にアップグレードされ、宿泊料金10%
割引に加え、レイトチェックアウトや空港送迎、ウェルカムドリンクなど無料で提供されます。

⑤「Rentalcars.com」でのレンタカー予約で8%の割引が得られます。
Rentalcars.comは世界160か国で5万5千の営業所にて、レンタカーの予約サービスを展開!

旅行傷害保険補償額最高2500万円が付帯、補償内容の内訳は三井住友カードAに準じて
います。

旅好きのあなたにとっては最高の一枚になるのではないでしょうか。
ホテル予約最大16%割引 Booking.comカード

 

Mileageplus JCB カード

スターアライアンス加盟の航空会社のフライト利用の度に、飛行マイルが溜まります

MileagePlus JCBカードで、ショッピングや食事の支払いをするたびに、金額に応じた
マイルが加算されます。

マイルの有効期限はなんと無期限です。マイルの獲得に上限はないので、使えば使う程
マイルは溜まっていきます。

マイルの還元率が高く、ユナイテッド航空の航空券購入でマイルが2倍になるそうです。

継続ボーナスマイルも用意されているので、長期利用がおすすめのようですね。

⑥カードの種類は、「クラシックカード」「一般カード」「ゴールドカード」の3種類で
クラッシックカードと一般カードでは、初年度年会費全額キャッシュバックキャンペーン
(※2020年10月カードご利用代金明細にて、全額キャッシュバックされるようです)

⑦ゴールドカードではANAグループの空港内免税店で10%割引や、最高1億円の補償が
付帯されているようですが、残念ながら「クラシックカード」及び「一般カード」では
補償や割引は対象外のようです。
マイルの有効期限は無期限!【MileagePlus JCBカード】

 

あとがき

クレジットカードを持つ事は、いろいろ多くのサービスや優待を受けられたりと、良いこと
づくめのようですが、やはり使い過ぎなどによって自己破産になるといった負のリスクも
理解して、自己管理の中でグッドツールとして使い、最大限のハッピーにつなげましょう。

 

最後まで読んでいただきましてありがとうございます。

 

 

 

 

 

Posted by taka-chan68