tonpower

ぱいぬ豚について調べてみたらわかった豚肉の魅力!

肉は元気の源

肉が大好きな僕、牛肉ステーキの400-500gを一度に平らげてご機嫌な日を過ごしたこともありました。

レアーに焼かれたステーキの何とおいしいこと、鉄板の上に乗せられて出てくるステーキが、テーブルに運ばれてくるまでにレアーでなくなるからと焼けたプレートとステーキ肉を別々にテーブルにもってきてもらい、テーブルの上でレアーに焼いたなんて時もありました。

​やっぱり肉はエネルギーの源ですね
高齢になればなるほど、ステーキでも焼肉でも、そして毎日でも食べたほうがいいですよね。
元気の源なんですから・・・

​僕は関東人なので肉といえば、どうしても豚のイメージが強い、豚肉はやはりおいしい。


ぱいぬ豚について調べてみました

豚肉についてあまり知識のなかった僕は、やはり健康志向を考えちょっと勉強してみました。
そしてびっくりしたのです。

疲労回復効果が期待できるビタミンB1が全食品の中でもダントツにあるとか、しかも牛肉の10倍以上もあるなて・・・・すごい!!

他にも吸収しやすい良質なたんぱく質が豊富で、体のあらゆる組織に効果が期待できるとか、ビタミン12が神経痛に良いとか、ナイアシンが美肌効果ありとか等々、数え上げたらきりがないほどの栄養素を含んでいることを知りました。

​これは今まで以上に豚肉を食べていこうと感じましたが、これまで豚肉はスーパーで普通に売られている輸入肉など質にはまるで無頓着だったのです。

個人的にいろいろ勉強してみると、環境や飼育方法などによって質の違いがあることを知りました。
一方で沖縄では健康で長寿の方が多いが、豚肉の消費量も群を抜いて多いことを知りました。
この両者に因果関係があるかどうかは、正確には不明ですが、関係はありそうですね。

そして沖縄石垣島で南ぬ豚(ぱいぬぶた)という豚の存在を知りました。この豚はアグー豚で、パイナップルなどの発酵飼料を食べ、石垣島の大自然の中でのびのびと育てられているといい、その特徴も素晴らしいものです。

旨味も感じられ、柔らかくてジューシーな肉質、ビタミンB1は一般の豚に比べて3~4割増しのようで、鉄分も豊富、オレイン酸も一般的な豚の倍以上含み、油の溶ける温度が低いために、口に入れたらすぐにとろける感じがあるのが特徴のようです。

 

やえやまファームという牧場

すぐにでも飛びつきたくなるような良質の豚をそだて供給しているのが、石垣島のやえやまファームという牧場であることを知りました。

やえやまファームは化学肥料に頼らない有機農法で野菜や果物を多く育て、日本唯一の「有機農産物JAS認定」パイナップル農園で育てたパイナップルを食べて育ったオリジナルブランド豚との事です。

コンセプトは他から何も持ち込まない、何も捨てない循環型の農業で、石垣島の自然と共存する付加価値型申請農業を目指しているようです。

これら精肉に加え、他にもパイナップルやマンゴーなどに代表されるトロピカルフルーツの成果、及び成果、精肉の加工品など品揃えは多く、商品のアイテム数は150以上とのこと、ぱいぬ豚のハンバーグはとても美味しくて、人気が高いです。

商品は自家用に留まらず、ギフト商品も用意されているということで、南国の味を手軽に購入できるのはとてもうれしいことですね。

日頃お世話になっている方々に、ちょっと気の利いた贈り物も喜ばれるでしょう。

詳しくは石垣島の自然と共生するオーガニックファーム
やえやまファーム

あとがき

年を重ねるほどに肉は食べたほうが良いとよく言われますが、なかなか肉ばかりというわけにもいかないですね、ただ野菜にしても魚にしても肉にしても食べ物はできるだけ質の良い物を選んで食べたいものです。

良いものが手軽に買える良い時代ですから、いろいろなチャンネルを活用して元気なシニアライフを満喫しましょう。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
元気づくりの一助になれば嬉しいです。

 

スポンサーリンク

Posted by taka-chan68